人との出会いから | デザイン想

人との出会いから

ぎっしり

高野豆腐の肉はさみ煮

久しぶりのブログ更新です。
お盆明けからわんこそば状態だった仕事と、地区の子どもの行事をきりもりする委員の活動が重なって
文字通り 「ぎっしり」 な日常を過ごしておりました。

以前、デザイナーの先輩に
「80%で動かなアカンよ。100%で動いてると余裕の無さが出るし、絶対ポキッといくで。」
と言われたことがあるのですが、未だかつて95%をきったことが無いような気がします。
で、案の定、少し落ち着いてきた先週末あたりから体調を崩しているという。。。

ただ、ここ数ヶ月間のいろんな人との濃いぃぃぃ関わりがとっても楽しかった♪
普段1人で孤独に(?)仕事をしている私ですが、なんだか久しぶりに会社で仕事をしたような、
チームワークをビシバシ感じる現場に、とってもいい刺激をもらいました。
こんな 「ぎっしり」 もたまにはいいな!

※写真は鍋にぎっしり炊いた高野豆腐の肉はさみ煮。 (ぎっしりつながりなだけです。。)

カテゴリー: 人との出会いから | ぎっしり はコメントを受け付けていません。

コラボで映像制作

明日(2014年6月15日)は父の日。 ってことで
映像屋のDIGITRUE長濱氏とコラボして、こんなの作ってみました。

映像制作っておもしろいね!(^o^)♪

>>> 映像制作|ウェブ制作|デジトゥルー

カテゴリー: 人との出会いから | コラボで映像制作 はコメントを受け付けていません。

神様は絶妙なタイミングで

神様はいつも絶妙なタイミングで頭をガツーン!と叩いてくれる。
「ん?」くらいの、たいした痛みも無くやり過ごせるようなヤワな叩き方じゃなくて、
それはもう、マンガでよく見るでっかいあのハンマーで、思いっきりガツーン!って。。

昨日、商売の大大大先輩とお話していて、自分が思い上がっていたことに気付きました。
恥ずかしい~~っ!(>_<)
教わったこと、ひとつずつやっていこう。 ああ、恥ずかしいっ!

神様アリガトウゴザイマス
これからもよろしくお願い致します・・・(T-T)

カテゴリー: 人との出会いから | コメントをどうぞ

いい仕事を長く続けるために

着物図案、和柄素材集の出版、個展など様々な活動をしておられる
京都デザインファクトリーの成願義夫さんに初めてお会いした時、こんなお話をお聞きしました。

「仕事をしていて少しあまった時間を、別の仕事に費やしたり、スキルアップのために使う人がよくいるけれど
あまった時間は遊ぶといい。 いい仕事を長く続けるためには、そういう時間が大事なんだ。」

デザイナーとして独立して間もなかったその頃の私は、 とにかく走り続けていました。
きびしいスケジュールの中の依頼も、ちょっと無理をして引き受け、仕事・仕事・仕事の毎日。
私が仕事をしている間は、当時2歳だった息子をお義母さんにみてもらっていたので
仕事、家事、育児以外で自分の楽しみのための時間を作るなんて考えもしなかったし、むしろ罪悪感すら・・
だからしんどかったのでしょうね。
そんな私に 「息抜き、遊びもいい仕事のため」 という大義名分を与えてくださったのが、成願さんの言葉(笑)

集中して仕事をしたら、しっかり休む。
そして、興味のあること、やりたいこと、自分の気持ちがわくわくするようなことにたっぷり時間をかける。
そうやってしっかり遊んだら、自然と今度は集中して仕事に向かえる状態になっている―

不思議と、仕事づくしだった頃には 「時間が全然足らない」 という感覚だったのが
仕事のやり方を変えてからは、1日が24時間以上あるような感覚で、ちょっと得した気分♪
今回のお盆休みも家族、親戚、友達と、たくさんの楽しい時間を過ごすことができました。
さあ、明日からまたがんばっていきましょう!^^

カテゴリー: 人との出会いから | コメントをどうぞ

色を学ぶ

2/22~3/7(全5回)のカリキュラムで、株式会社アート・カラーの能口さちこさんのセミナーを受講しました。
能口さんとは創作図案展 「遊想展」の際、初めてお目にかかり、
お食事をしながらいろんなお話をさせていただいたのですが、あれから3年ぶりの再会。
相変わらずステキで、セミナー内容もおもしろくって、セミナーの本筋とは違う、雑談までもワクワクで・・・
楽しかった~!

セミナーの中で、たくさんのカラーカードの中から、 「好きな色」 10色と 「嫌いな色」 5色を選ぶ、
というワークがあったのですが、 「嫌いな色」 を選ぶというのは意外と難しいものですね。

能口さんいわく
「嫌いな色は、好きな色と同じように、自分にとっては大事な色です。
好きでも嫌いでもない色、というのはそうではないのですが、
嫌いな色が、ヒントをくれたり、思わぬところで自分を助けてくれたりすることがあります。」
とおっしゃったのが、とっても印象的でした。

デザインの配色はもとより、人間関係、仕事のやり方、情報を取捨選択する時・・・
いろんなシーンで同じことが言えますよね。
「嫌い」 と感じるものに気付かされることは、意外と多いものかもしれません。

セミナーでは、広くて深い色の世界の話を 「ほんの少し垣間見た」 くらいだったかもしれないけれど
仕事で色を扱うとき、これまでよりも意識的に色の持つ役割を考えて
「見せたい人にきちんと届く」、「伝わる」 デザインを作っていけそうな気がしています。

カテゴリー: 人との出会いから | コメントをどうぞ