BLOG | デザイン想

BLOG

今日の筆文字027

今日の筆文字今日の筆文字027: 「いただきます」

目の前に差し出されたもの、自分の身に起こることにムダな抵抗はしない。
ある意味、降参して受け止めよう。
このところそんな心境だったので、今年最初の筆文字は「いただきます」です。
あったかくて、肝の据わった風合いの筆文字に仕上がって気に入っています♪

喜怒哀楽、酸いも甘いも全部まるごと受け止めて「いただきます!」
そんな色とりどりで豊かな2018年にしたいな。

筆文字ロゴを書いていて、墨が少し余ったときのみに更新される 「今日の筆文字」 ―
皆様にとって素敵な1年となりますように!

◆お仕事の筆文字はコチラで紹介しています >>> 商品ラベルデザイン / ロゴデザイン

カテゴリー: 今日の筆文字 | 今日の筆文字027 はコメントを受け付けていません。

2017年-2018年  年末年始休業のお知らせ

——————————————————————-
2017年-2018年  年末年始休業のお知らせ
——————————————————————-

弊社では下記の期間、休業させて頂きますのでご案内申し上げます。

[年末年始休業期間] 2017年12月29日(金) ~ 2018年1月8日(月)
※ 1月9日(火)から平常どおり営業致します。

大変ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。
休業期間中に頂戴したメール問い合わせ等は、2018年1月9日(火)より順次対応させていただきます。
あらかじめご了承いただけますようお願い致します。

カテゴリー: お知らせ | 2017年-2018年  年末年始休業のお知らせ はコメントを受け付けていません。

デザインは「情報のかたまり」

information
デザイナーは、モノやコトのよさや魅力を伝える仕事です。
伝えるためには、まずそのものを知る必要があります。
1つ1つの情報を得る時、大切なのは、そこに自分の気持ちを入れないこと。
洗い出したものを並べ、分類し、取捨選択、強調、時にはシャッフル!
デザインはそんな作業です。

芸術性や感性が前面に押し出され、語られることの多いデザインですが、
私は、デザインは「情報のかたまり」だと思って見ています。
デザイナーが情報をどう切り取り、どう扱うか(表現するか)が
「売れる」「活きる」「にぎわう」「愛される」などを左右することにもなります。

情報を届けたい相手を絞り、その人の視点と動線について思いを巡らせる。
誰が、どういうシチュエーション、どんな気持ちで利用するのか。
そして、その先の物事がどう動くのか。
そんなふうに情報に向き合うと、見えなかったものが見えてきます。
ここが、デザインをしていてわくわくするところです。

モノやコト × デザイナー
= 魅力が伝わる、喜びや心地よさが生まれる、世界が拡がる

そんな答えを導き出すことができたら最高だな!

カテゴリー: デザインの現場から | デザインは「情報のかたまり」 はコメントを受け付けていません。

今日の筆文字026

今日の筆文字

今日の筆文字026: 「不正解はない」

ある女性に教わった言葉 「~をするのに不正解はないと思うんです」
なにげないこの言葉にずいぶん救われました。

何事も「100%正解」なんてない。
でも、少しでも100%に近付くために200%がんばらないと!!
カチコチになって自分を追い込んできた、ちょっと前までの私。
ほんとスパルタだったなぁ~

「正解はない」って、自分の小さながんばりや変化を気付けなくさせる言葉かもしれませんね。
「不正解はない」そう考えるといろんな事を許せる気がします。
あんな自分もこんな自分も「あ~、あの時はあれでせいいっぱいやってたね~」って穏やかに見られるような。

筆文字ロゴを書いていて、墨が少し余ったときのみに更新される 「今日の筆文字」 ―
「不正解はない」って、やさしい言葉だナ!

◆お仕事の筆文字はコチラで紹介しています >>> 商品ラベルデザイン / ロゴデザイン

カテゴリー: 今日の筆文字 | 今日の筆文字026 はコメントを受け付けていません。

高等学校でデザインの授業再び

デザインの授業
高等学校デザイン科からのご依頼で、再びデザインの出張授業をしてきました。
『イラストレーター入門』ということでソフトの使い方、そしてソフトを活用してポスター制作をする導入の部分まで、計8時間。

イラストレーターの基本機能、可能な描画表現についての説明をした後、基礎練習をみっちり繰り返しました。ソフトを使用して制作した、デザインの仕事の実例紹介なんかもしましたよ。
最初はてこずっていたパスの扱いも、生徒たちはじっくり向き合って頑張れたのではないかな?
楽しんで取り組んでいる様子がうれしかったです♪

手描きには手描きの、デジタルにはデジタルのよさがありますが、扱える道具(ツール)が増えると作品制作の可能性はぐんと拡がります。
自分の表現したい世界に合わせて、ツールを使いこなせるようになっていってほしいなと思います。

カテゴリー: デザインの現場から | 高等学校でデザインの授業再び はコメントを受け付けていません。